予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

即戦力ドリル

先日購入した「テープ&音声起こし」即戦力ドリルですが、とても実践的な内容となっています。買ってよかった。

 

 

「テープ&音声起こし」即戦力ドリル

「テープ&音声起こし」即戦力ドリル

 

 

ドリルは1から10まであり、実際に音声を聞きながら作業していくことができます。

ドリルは一通り終えましたが、総合問題が2つ残っています。

それが終わったら、もう一度、初めからやり直しをして、基礎固めをしておきたいと思います。

 

 

このテキストを学んで新たに気付いた事

・タイピングは単語登録でより効率よくできる

 普段もよく使う言葉は、単語登録してあるのですが、どんな単語をどんな見出しで登録するかといった、「単語登録のコツ」も書いてありました。

 

・表記の統一が難しい

 「記者ハンドブック」の表記に合わせるのが一般的なようですが…。慣れれば自然に書けるようになるのだろうか。

 

・専門用語が聞き取れない

 当たり前と言えば当たり前なのですが、知らない単語は聞き取れないので調べなければなりません。調べ方のコツもこの本で解説してあります。

 幅広い知識があると有利ということがよくわかります。

 

・方言が聞き取れない

 ドリルの中に、関西弁の音声があるのですが、速すぎて聞き取りにかなり苦労しました。テレビなどで関西弁は普通に聞くのでニュアンスは分かるのですが、これが地方の方言だったら全く聞き取れないだろうなぁと感じます。

 

・普段の「聞き方」が変わった

 普段の会話やテレビなどで、聞き取れない単語があっても、十分意味は理解できるので全く気にしていなかったのですが、このテキストで勉強してから変わりました。

 一言一言が気になるようになりました。そして、頭の中で漢字変換しています。

 

どこを強化すればよいのか、なんとなく分かってきました。

テープ起こしって、単純作業で簡単なものだと思っていましたが、実は結構難しいものだと感じます。まさに職人さんって感じですね。

 

f:id:nyagoshi:20160415115602p:plain

今後の計画に関して

 仕事を受注するまでの自分なりの予定は以下のような感じです。

即戦力ドリル

 ・総合問題1

 ・総合問題2

 ・ドリル1から3の復習

 ・ドリル4から6の復習

 ・ドリル7、8の復習

 ・ドリル9、10の復習

 

自主練習 (時間を計りながら)

 ・インタビューをダウンロードして起こしてみる

   30分程度を数本

 ・講演をダウンロードしてきて起こしてみる

   30分程度を数本

 

それと並行して、

受注に向けての準備

 ・各クラウドソーシングサイトでの仕事情報のチェックをこまめにする

   できそうなものがあれば、上記の予定が終了していなくても応募する

 ・提案の際に記入する「アピール」を考えておく

   実務経験がないという不利な点をいかにカバーできるか。この人に依頼したいと思っていただけるような文面を考えておく必要がありそうです。