読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

予定外に「ライター生活」

番外編

前回の記事で、テープ起こしの案件に、初めて「見積もり」を提出したことを書きました。2週間以内に返事があるので待つようにとサイトに書かれていました。それで、ずっと待っているのですが、今のところお返事はいただけていません。

 

そういうわけで、たまたま見つけた「ライター」の案件に応募してみました。

するとすぐに依頼をいただき、一つの記事を書き納品することができました。

そんなわけで、ここ数日はライターしています。

 

ライターのお仕事とは

クラウドソーシングでライティングの案件がかなりたくさんあります。

指定されたキーワードを使って、指定された文字数で記事を書くだけでオッケーです。わたくしも、一応ブログを書いていることもあり、文章を書くなんてそんなに難しくないと、軽い気持ちで始めました。でも、意外と難しくて、意外と面白い。

たぶん、おそらく、きっと、募集されているライティングの仕事は、SEO対策用の記事だと思われます。つまり、とりあえず、たくさん記事を集めてサイトを立ち上げ、検索でヒットしやすいようにして、広告とか他のサイトに誘導して広告費などを得るというビジネスモデルです。だど思います。

ライターというと小説家とか、新聞とか雑誌の執筆とかそんなイメージを持ちますが、クラウドソーシングで求められているのは「WEBライター」というジャンルです。

 

報酬はどれくらい?

仕事として書く以上報酬が気になります。

タスク型の場合は、1文字0.3円くらいが相場のようです。

プロジェクト型の方では、1文字1円とかの案件があったりします。

 

ちなみに、私の場合、ジャンルにもよりますが、一時間で1500文字くらい書きます。

文字単価が0.3円だとすると

 1500文字×0.3=450円 時給450円!!

毎日3時間30日間書き続けると、

 450円×3時間×30日=40,500円 

 

これが、文字単価1円になると

 1500文字×1=1500円 時給1500円!!

同じく毎日3時間30日間書き続けると、

 1500円×3時間×30日=135,000円

 

おおー! 軽く10万オーバー!

というわけで、スキルアップして1文字1円を目指します。

 

ライティングの仕事は結構楽しい

今のところ、単発の記事しか書いていないので、好きなペースで楽しく書いていますが、「20記事を1週間で納品」みたいな仕事だとプレッシャーがかかるだろうなと思います。

まだ、テープ起こしの実績はないので、その仕事が楽しくやりがいのあるものかが分かりませんが、…

 

もしかしたら、ブログのタイトルが変わることになるかもしれません。

 

「予定外にライター生活」

まったくの素人がライティングで生活していくことができるのか?

 

みたいな感じで…