読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

ランサーズで効率よく稼ぐ三つのポイント…まだ研究途中ですが

ライティングで効率稼ぐためにはやはりコツがあります。

というか、あると思います。まだ、ライターの仕事を初めて経験が浅いですが、自分なりに実践しているコツを覚えとしてまとめておきます。

 

とりあえず、今回は「ランサーズ」に限定してみます。

 

ランサーズで効率よく稼ぐ三つのポイント

効率よく稼ぐためには、簡単に書くことのできる高単価の案件を短時間で探すことが大切です。つまり「簡単」、「高単価」、「短時間で探す」この三つがポイントです。

いくら単価の高い仕事を見つけたとしても、書くための調査に多くの時間を取られてしまっては、時給換算したときに安くなってしまいます。また、例えば案件を探すのに30分使ってしまえば、やはり時給換算したときに安くなってしまいます。

 

簡単に書くことのできる案件の探し方

自分が経験したことは比較的簡単に書くことができます。調べる手間がかからないからです。ですので、ライティングの中でも「体験談、口コミ、ブログ記事」を選ぶとよいでしょう。

一方「説明文」は、正確さも求められます。しっかりと調査をしてから書かないと非承認になってしまう可能性があるので、好きなジャンルでなければあえて挑戦しなくても良いかもしれません。ほかにいい案件がなく、時間があれば挑戦するようにします。

 

高単価案件の探し方

単価の求め方は「金額÷文字数」です。

ランサーズで1文字1円なら、かなり単価が高いと言えます。なかには、1文字0.1円という案件もあります。自分がどれくらいなら納得できるかを考えて「高単価」の基準を決めておくとよいかもしれません。

わたしの場合は、1文字0.6円以上を高単価と考えています。そういう案件を見つけたら、お気に入り登録するのもいいですが、クライアントをフォローします。毎回同じくらいの単価で発注しているからです。フォローすると、マイページで新たな依頼が一目で確認できますので、いつでも高単価の案件が表示されていることになります。

 

短時間で案件を探す方法

ライティングの案件が毎日数百件アップされるので、いちいちすべて見ていると時間がどんどん過ぎてしまいます。

それで、「お気に入り登録」を活用します。仕事をするときに案件探しをするのではなく、仕事ができないときに探しておきます。スマホタブレットで新着順に順番に見ていき、よさそうなものをどんどんお気に入り登録していきます。

そして、家に帰って仕事をするときは、マイページの「仕事管理」画面から、優先順位を決めて書いていきます。残り時間や作業件数が残り少ないもので単価の高いものから書いていくと、他の人に取られないので良いでしょう。残り時間も作業件数も余裕があるものは、後回しにするようにします。

 

まとめ

ランサーズで効率よく稼ぐ方法を三つ取り上げました。

また、ほかに見つかれば追記するか、新たな記事を書きたいと思います。

「簡単」、「高単価」、「短時間で探す」の三つのポイントを押さえて、効率よく稼ぎたいと思います。