読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

コピペの確認方法

ライター編

ライティングの仕事をするとき、規約に「コピペ」は絶対しないようにということが書かれています。コピペが発覚したら、運営に通報とか、法的措置とかなんだか恐ろしいことが書いてある場合もあります。

コピペをするライターがどの程度いるかはわかりませんが、全くいないというわけではないのでしょうね。

ただ注意が必要なのは、意図せずコピペ扱いになってしまうことがあるということです。

 

コピペの確認方法

記事を納品する前に、自分でもコピペのチェックをするとよいかもしれません。

無料のコピペチェックツールがいろいろとあります。

 

  こぴらん

copyrun.net

 

文章がネット上にある記事と一致しないか、文ごとにチェックしてくれます。

もし、似た文書が見つかると、その数も表示されます。さらに、googleやyahooの検索にリンクされますので、すでにネット上にある文章を確認することができます。

 

Copydetect

コピペチェックツール【Copydetect】

 

こちらは、チェック結果として、類似性(%)、、連続文(文字)、そして類似しているコンテンツを掲載しているサイトを表示します。

ただし、フリー版の場合、使用回数に制限があります。

 

その他

有料ツールも含めいろいろあります。

省略!

 

 

まとめ

ライターとしてコピペは絶対してはいけません。

しかし、調べながら記事を書く場合など、うっかり同じ言い回しになってしまうこともないとは言えません。自分でもコピペのチェックをするなら、安心して納品できます。

また、同じテーマで何記事も書く場合、自分が以前に納品した記事と一致してしまうかもしれません。自分の書く記事は、似てしまう可能性があります。

ですので、コピペをしてないつもりでも、チェックしておくことは大切です。

 

ちなみに、この記事はこぴらんでチェックした結果コピペではないことが確認できました。