予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

ランサーズ―地雷クライアントを見分けるコツ

ランサーズでライティングをしていると、予期せず「拒否」されることがあります。

サグーワークスでは非承認になった場合、簡単に理由を説明してくれます。例えば、要項違反、内容が薄い、無駄な言葉が多いなど。だからと言ってすぐに修正できるわけでもないのですが、理由が分かると今後の対策を練ることができます。

しかし、ランサーズでは一方的に拒否されても理由の説明がありません。

この度、初めて拒否をいただき、タスク承認率が99%になってしまいました。しかも、数十円の案件でです。報酬が入らないことは別に構わないのですが、承認率が下がることが問題です。承認率が95%を切ると、作業できない仕事も出てきます。高単価の案件ができなくなるのは、大問題です。

 

地雷クライアントを見分けるコツ

地雷クライアントという表現はちょっときついですが、せっかく作業しても報酬が貰えなかったり、承認率が下がってしまうと困るのでちゃんと見分けていきたいと思います。

 

発注率の確認

作業画面で、右側にクライアントの情報が表示されます。その「発注率」を確認します。やたら低い場合は、地雷の可能性あり。

 

WEBで検索してみる

発注率が低くても、高単価だったりする場合は、挑戦したくなります。それで、「ランサーズ (クライアント名)」で検索してみます。

 

メッセージを送ってみる

依頼内容が曖昧な場合は、理解の齟齬から拒否になってしまう場合があります。まずは、メッセージを送って確認してみましょう。返信が来ないクライアントも結構あります。だからと言って、地雷とは限りませんが、相手がどんな記事を求めているか分からないまま作業するのは不安です。

 

 

承認に時間がかかるクライアント

地雷ではないですが、承認にやたら時間がかかるクライアントがいます。一人当たりの作業件数が制限されていない場合、自分の書いた文書が承認されるかどうか不安で、たくさん作業するのはちょっと勇気がいります。まとめてすべて拒否になってしまうと困るからです。

とりあえず、一記事書いてみて承認されたら、その後はジャンジャン書くようにしています。

なかなか承認されない場合は、時間が来ると勝手に承認されるとかなんとか…。

だとするとある意味、優良クライアントですね。

 

 

いずれにしても、しっかりとした文書を心掛けていると、直接依頼も来ます。

プロジェクト形式での依頼は対応できないこともありますが、タスク形式での直接依頼大歓迎です!!