予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

長文を書くコツ

1000文字から1500文字くらいの案件を書くときには、書き始める前の下準備が大切です。

たいていテーマは決まっているので、まずインターネットで検索して情報を集めます。いくつかのウェブサイトをざーっと読んでいき、大体の内容を頭に入れます。

次に、テーマに沿ってタイトルと小見出しを考えます。そして、それぞれの文字数を決めておきます。全体で1500文字でも、小見出しを4つにすると、

 

冒頭文章 150文字

小見出し 300文字

小見出し 300文字

小見出し 300文字

小見出し 300文字

まとめ  150文字

こんな感じになります。

300文字なら簡単に書けるとお感じになるのではないでしょうか。

 

それから、それぞれの小見出しを適当に書いていきます。単語だけでも、文法がめちゃくちゃな文章でも、重複していてもなんでもいいのでたくさん書いておきます。ポイントは、多めに書いておくことです。あとから文章を削るのは楽ですが、あとから付け足すのは結構大変です。

その後に、全体の流れを見ながら文章を整えていきます。それと同時に文字数も調整していきます。

最後に何となくまとめて完成です。

 

長文を書くときに、何も構成を練らずにいきなり書き始めると、結局あとで苦労することになります。下準備が大切ですね。

 

まとめるとこんな感じです。

 

1.インターネットで情報を集める

2.タイトルと小見出しを考える

3.それぞれの文字数を決める

4.適当に書いてみる

5.文章を整える

6.何となくまとめを書く