読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

WEBライター向けWord活用術

ライター編

記事を書くときどんなソフトウェアを利用しているでしょうか?

わたくしは、いろいろと試した結果Wordに落ち着きました。

 

Webライティングの仕事では、文字数を気にしながら文章を書きます。

表記の揺れや入力ミスをできるだけ減らす必要があります。

一時期はExcelでテンプレートを作って書いていました。文字数や使用したキーワードの回数が表示されるように関数を使ってワークシートを作ったのですが、やはりライティングには向いていませんでした。

メモ帳やTeraPadなどのテキストエディタも試したのですが、どれもライティング用としては使いにくく感じました。

Wordは、さすが文章を書くには最適だと思いました。

 

Wordの便利な使い方

1行あたりの文字数を50文字に設定する

 1行50文字なら、2行で100文字、3行で150文字…とすぐに計算できます。

テンプレートを作っておく

 「デザイン」から「表題」、「見出し」などを設定しておくとめちゃめちゃ便利です。「ナビゲーション」で、文章の構成を確認しながら執筆できます。また、段落の入れ替えも一発でできます。

 

f:id:nyagoshi:20161201200139j:plain

こんな感じでテンプレートを作っておきます。

左側のナビゲーションで、構成を意識しながら執筆できます。検索もできるので、必要なキーワードがちゃんと入力されているかも簡単に確認できます。

 

校閲を活用する

スペルチェック、文章の公正、文字数のカウント、表記のゆれがチェックできます。

文字数は、文章全体でも、段落ごとにでもカウントできます。

 

 

f:id:nyagoshi:20161201200549j:plain

 

なるべく誤字脱字や入力ミスをしないように注意していますが、疲れてくるとミスにも気づきにくくなります。Wordに助けてもらえると、とてもありがたく感じます。

Word以外にも、インターネット上の日本語校正サービスや、文字数カウントなども利用しています。

いろいろなツールを利用して、効率よく作業できるといいですね。