予定外にライター生活

たまたま始めたライティングでどれくらいの収入を得ることができるのか?!

軽自動車の「白色ナンバー」が増えてきた

軽自動車のナンバープレートは「黄色」です。

それが、最近「白色」ナンバーを付けている軽自動車が増えてきました。

ご存知の方も多いと思いますが、2019年ラグビーワールドカップを記念して発行されている図柄ナンバープレートのことです。

 

www.mlit.go.jp

 

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000068.html

 

 寄付金無しの方は、右上にピンクのロゴが入るくらいでパッと見は普通の白ナンバーと変わりません。新車だけでなく、現在乗っている車も対象になります。

これは…、軽自動車と普通車の判断が難しくなってしまわないのか…。

最近は高速道路もETCなので別に困ることはないのか…。

 

あと、普通自動車の事業用も見分けにくくなってしまいました。

従来だと緑のプレートに白文字でしたが、ラグビーナンバーでは白地に緑文字&緑枠となっています。

 

まあ、個人的にはまったく関係がないのですが、自動車関連や、道路関連の企業にとってどうかなとちょっと気になっただけです。

 

 

ではここで、軽自動車と普通車の区別がつきにくい車種のベスト5を発表します!

 

※以下の画像はすべてWikipediaから

 

第5位 三菱・パジェロミニ

1995年に発売されたパジェロジュニアという車種があります。

パジェロミニをベースにして、1100ccエンジンを搭載したモデルです。

パジェロミニにオーバーフェンダーを付けてラグビーナンバーを付ければパッと見てどちらか分かりません。

Mitsubishi pajerojr h57a anniversarylimited 1 f.jpg Pajeromini2ndkouki.jpg

左がパジェロジュニア(普通車)。 右がパジェロミニ(軽自動車)。

 

 

 

第4位 ダイハツテリオスキッド

左はテリオスは1300ccで、右はテリオスキッドは660ccです。

室内寸法は同じらしいです。

画像ではテリオスキッドの方はカスタムなのでエアロとか付いています。これに白ナンバーついていたら判別は難しいです。

 

Daihatsu Terios 001.JPG Daihatsu Terios Kid 003.JPG

 

 

第3位 スズキ・ジムニー

ジムニーと言えば軽自動車ですが、普通車モデルも販売されていました。

というか現在も販売中です。

ジムニーワイドとかジムニーシエラとかいう名前のは普通車です。

Suzuki Jimny Sierra.jpg Suzuki Jimny XG JB23W D9.JPG

ノーマルだとタイヤの付近を見れば判別できますが、ジムニーはパーツがいっぱい販売されていてオーバーフェンダーを付けてしまえば区別できません!!

 

 

第2位 ダイハツ・ミラジーノ

ミラジーノは軽自動車ですが、ミラジーノ1000は普通車です。

Miragino 1000.jpg 1st generation Daihatsu Mira Gino.jpg

これは白ナンバーついてたらもう無理です!!

まったく一緒でしょ。

 

 

そして

 

第1位 日産クリッパー

左がNT100クリッパーで、右がNT450アトラスです。

もうまったく区別ができません!!

十分確認しましたが、画像が逆だったらすみません。

クリッパーに白ナンバーが付いていたら、うっかりフォークリフトで重量物を積んでしまいそうです!!

クリッパーの最大積載量は350kgです。

 

 

Nissan NT100 Clipper Truck 0601.JPG NISSAN NT450 ATLAS H44 2014 001.jpg

 

 

たいていは車種を見れば白色ナンバーが付いていても軽自動車だと分かるのですが、一部判別が難しい車種があります。

図柄ナンバーを申し込みたい方は以下のリンクから、あるいは最寄りの自動車屋さんで申し込みができます。

 

図柄ナンバー申込サービス(GKAA0301)

 

クリッパーに白色ナンバーを付けようとしている方は、重量物を積まれてしまわないよう十分注意してください!!