予定外にライター生活

「シニアライフ・相続アドバイザー」のライター生活日記

このブログでは、シニアライフ関連の記事、マネー系の記事、WEBライターに役立つ記事を掲載していきます!

シニアライフ・相続アドバイザー試験を受けてきました!

本日、「シニアライフ・相続アドバイザー」という民間資格を受けてきました。

 

「シニアライフ・相続アドバイザー」とは

この資格はFPの主催団体の一つである金融財政事情研究会(きんざい)が主催する検定で、「金融業務能力検定」の中の一つです。金融業界では割と有名な検定ですが、一般的にはあまり知られていない資格でもあります。

内容としては、シニアライフに関すること全般が扱われており、年金・保険・住宅・資産管理・葬式・お墓・相続・税金などから出題されます。FP試験とかなり範囲が重なりますが、すべてシニア層に関連させた内容になっています。

試験は、9月と1月の年に二回行われますが、来年からはいろいろと変更になるそうです。今回までは、マークシートのペーパーテスト形式でした。しかし、来年度からはCBTでの試験に変わります。指定の試験センターで、パソコン上で問題を解き、終了後即座に合否が分かるようになります。

 

試験を受けようと思った動機

ちょっと前にFP2級を取得しました。それで、その知識があるうちに関連資格も取得しておきたいと思ったからです。FPとかファイナンシャルプランナーと言っても、高齢の方は何の資格か知らない方も多くおられます。それで、資格の名称を見ただけで何が専門かが分かるような資格が欲しいと思ったわけです。

他にも「相続」の民間資格はたくさんありますが、試験料金が高かったり、高額な講習を受講しなければいけなかったりとあまり魅力を感じませんでした。その点「シニアライフ相続アドバイザー」は試験料が比較的お手頃価格です。また、似たような試験で受験価格もお手頃な、銀行業務検定でも相続アドバイザーの資格がありますが、こちらは「3級」とか「2級」とか「級」が付いています。なんか、「級」が付いていると、たいしたことない感が漂ってしまいませんか?上位級が欲しかったのに取れなかった的な。

そんなわけで、実際は銀行業務検定の方が難易度は高いのですが、きんざいの「シニアライフ相続アドバイザー」にしたわけです。

 

資格試験の勉強方法について

公式の試験問題解説集が販売されているので、それで対策できます。対応した通信講座もあります。予備知識が全くない人や、実務経験が全くない人は通信講座の方がよいかもしれません。FPの知識があれば、問題集だけで十分合格できます。わたしも、問題集だけで勉強しました。

市販されている問題集は、一種類しかないので何を買うか迷う必要がないのはありがたいです。ただ、かなり痛いのは過去問が掲載されているのに、その解説が載っていないということです。この試験は、微妙な選択肢が多いので答えを見ただけでは全然理解が深まりません。選択肢がなぜ正しいのか、あるいは間違っているのかを自分で調べなければなりません。もしかすると、通信講座の方では解説されているのかもしれませんが。調査のためにかなりの時間を使ってしまいます。わたくしは総仕上げに過去問をしようと思って、試験の前々日に解いてみたのですが、もやもや感が残ったまま試験当日になってしまいました。十分早めに過去問を解いておくべきでした。

 

こちらのテキストで勉強しました。

シニアライフ・相続アドバイザー試験問題解説集(2017年度版) [ きんざいファイナンシャル・プランナーズ・ ]

価格:1,944円
(2018/3/21 20:04時点)
感想(0件)

 

受験者の数

試験当日は、きんざいの他の科目と同じ会場で行われました。ちなみに隣の教室ではFP1級が行われていました。そちらは緊張感がすごかったです。シニアライフは、受験者14名程で30~40代が多かったと思います。仕事で必要というより、実生活で役立てたいという感じでしょうか?割と難易度は低めの資格なので、受験者にも余裕が漂っていました。

 

今回の試験の難易度

基礎編は三択式ですが、たいていの問題は即答できます。それ以外は、二択で迷うという感じです。三択の選択肢すべてが分からないというものはありませんでした。注意すべきなのは、問題ごとに「適切なもの」を選ぶものと「不適切なもの」を選ぶものがあるということです。わたくしも、これで、すこしやられてしまいました。

応用編は、設問に登場人物の設定が詳しく書かれているのですが、これは読まなくても解答できます。読んでる時間は無駄です。答える時に必要なら設定を見る程度で十分です。選択式で6割取れれば合格なので、難易度は低めと言えるでしょう。

 

この資格の活かし方

先ほど応用編の設問は読まなくてもいいと書きましたが、それは試験のテクニックであって、実生活で役立てたいならこの設定を読んでおくことは大切です。相談事例が会話形式になってしてとても実際的な場面設定になっています。今後役立てたいなら、問題集の応用編を度々読み直すとよいでしょう。

 

来年からCBTになるので、どうなるか分かりませんが、今後受験される方の参考になればと思います。ネットでは、この資格についての情報がほとんどありません。たぶんこの記事が一番情報量が多いくらいです。FP試験についてはいくらでも情報があるんですけどね。

 

ちなみに自己採点では合格に達していました。

正式な発表は3月に入ってからです。