予定外にライター生活

「シニアライフ・相続アドバイザー」のライター生活日記

このブログでは、シニアライフ関連の記事、マネー系の記事、WEBライターに役立つ記事を掲載していきます!

WEBライターとブログライターの違い

クラウドソーシングで求められているのは主に「WEBライター」です。

WEBライターは、文字通りWEB上にアップされる記事の執筆をします。

ブログライターも書いた文章がWEB上にアップされるという点では同じです。

では、どこが違うのでしょうか。

 

WEBライターの仕事

ライティングの依頼を受けると、クライアントさんから仕様書が送られてきます。ターゲットは男性なのか女性なのか、年齢層は、どんな仕事に就いている人なのかなど、細かくターゲットが指定されています。これをペルソナと言います。そして、ライターは、そのターゲットとなる人の興味を引くように意識して文章を書きます。

そのために、この人はどんなことを知りたいのだろうか、どんな疑問を持つだろうかと予想して、それに対する答えになるような文章を書きます。「予想して」と書きましたが、実際にはかなりの「調査」が行われます。インターネットでどんな言葉が検索されているか、知恵袋などを徹底的に調べて、まず想定される質問を考えます。

この調査は、クライアントが行ってくれる場合もありますし、ライター自身が行う場合もあります。ライターが行う場合は、「企画案」としてクライアントに提出し、承認されると記事の執筆に入るというパターンが多いです。

そして、記事を執筆する際には、「指示」や「禁止事項」があります。たいていは、主観を入れないようにという指示があります。例えば、「私の意見では…」とか、「…と思います」といった表現は禁止になっていることがほとんどです。執筆ルールはインターネットの検索で上位に表示されるようにSEOを意識した指示もたくさん書かれています。「キーワードは必ず見出しに入れる」とかです。

SEOはクライアントさんが考えて発注してきますが、ライター自身もSEOの知識があると良いと思います。

集客できるウェブ担当者を目指す!【SEO検定】

 

このようにWEBライターというのは、仕様書に合わせて正確で中立な記事を書くことが求められています。

 

ブログライターとは

ブログは個人の人となりが見えるような文章の方が好まれます。自分の意見や考えを発信することで、ライター自身の個性を文章を通して自由に表すことができます。

また、ブログでも収益を生み出すようにすることもできますが、主観をたくさん入れて文章を書きます。実際にある商品を使用した感想などを率直に書いていきます。ライターの個性が現れているほど良い文章ということになります。

 

このようにWEBライターとブログライターには違いがあるので、ふだんブログを書いている感覚でWEBライターの依頼を受けると非承認になったり修正依頼がきたりするので注意が必要です。

仕様書に沿って記事を書くという作業に慣れるためには、クラウドソーシングで「タスク」の案件をこなすといいかもしれません。サグーワークスの場合はフィードバックが貰えます。と言っても、非承認になったときに「改善ポイント」として簡単な理由とアドバイスが教えてもらえます。ただ、この改善ポイントのコメントがあまりにも淡々としていて冷たく感じるんですよね~。「ルールに違反しています」とか「内容が薄いです」とか。

こちらがサグーワークスです。 

記事作成で10万の報酬をゲット!サグーワークス

 

サグーワークスではテストを受けると高単価の案件に挑戦できるようになります。

テストは誰でもいつでも受けることができるので、いきなり挑戦してみるのもいいと

思います。こちらもフィードバックが貰えます。

 

Webライターで30万稼ぐならサグーワークスのプラチナライター