予定外にライター生活

「シニアライフ・相続アドバイザー」のライター生活日記

このブログでは、シニアライフ関連の記事、マネー系の記事、WEBライターに役立つ記事を掲載していきます!

ライティング案件の納期の目安

納期について自分なりのルールを決めていると提案するときに楽です。わたしの場合は以下のように対応しています。

 

「1週間プラス1日」

 

まず、案件の内容や範囲、文字数などを見ながら、1週間で無理なく書ける記事数を考えます。わたしの場合は主に月曜と木曜をライティングにあてています。それで「1週間プラス1日」で受けるようにしています。そうすると、何曜日に依頼が来ても月曜と木曜をフルに活用することができます。

 

「午前9時納品」

 

そして、納期は「午前9時」と決めています。自分にとっては最悪徹夜で間に合わせることができますし、クライアントさんにとっては朝1から記事の確認作業などに入ることができるからです。

たいてい納期は「20日まで」など時間までは指定されていないのですが、ライターの皆さんはどう捉えているでしょうか?20日になる前までに(19日23時59分まで)、20日の営業時間内に(17時まで)とか、タイムスタンプが20日ならセーフ(23時59分まで)など人によって捉え方が違う気がします。

自分なりに時間を決めて提案した方が、変に悩まなくていいので楽です。

 

「前倒しで納品」

 

もともと無理なく書ける範囲でしか受けていないので、月曜や木曜に何か予定が入ってしまっても納期に間に合います。あまり大きな修正依頼を受けたことはないのですが、修正依頼が来ても対応できる予定にしています。

そして書き終わったら早め早めに納品するようにしています。クライアントさんによっても違いますが、一記事ずつでも書き上がり次第納品してほしいと言われることもあります。その辺りはクライアントさんに合わせる感じです。

 

自分なりのルールを決めていないとダラダラして、何をするにもギリギリになってしまう性格なので、そうならないためにルールを決めているだけです。別にワーカーとしてのこだわりがあるわけでもポリシーがあるわけでもありません。